大阪豊中のリフォーム専門店 リライト公式ブログ

冬至です!


2017年 12月 22日(金)

 

こんにちは!

リフォーム専門

原状回復を得意としているリライト 

の上野です。

 

 

今日は 冬至 です!

 

 

昨日は 一陽来復 のことをお話しましたが、

今日はそれをさらにパワーアップしようという

 お得感 のあるお話をしたいと思います。

 

 

冬至(12月21日ごろ。固定ではなく毎年変動します)

北半球において太陽の位置が1年で最も低くなる日で

日照時間が最も短くなります。

 

 

太陽の位置が1年で最も高くなる夏至(6月21日ごろ)と

日照時間を比べると、北海道の根室で約6時間半、

東京で約4時間40分もの差があるのです。

知ってましたか~?

 

 

運盛りって?

なんか気になりませんか( *´艸`)

th6HXW2P6A

冬至には「ん」のつくものを食べると

「運」が呼びこめるといわれています。

にんじん、だいこん、れんこん、うどん、ぎんなん、……など

↑ うどん?

 

うどんでもいいんや・・・(*_*)

 

 

「ん」のつくものを 運盛り といい、

縁起をかついでいたのです。

運盛りは縁起かつぎだけでなく、

栄養をつけて寒い冬を乗りきるための知恵でもあります。

 

 

 

なぜ、かぼちゃを食べるの?

「南瓜(なんきん)」だから「ん」のつく運盛り!

かぼちゃを漢字で書くと南瓜(なんきん)

つまり、運盛りのひとつであり、

(北)から(南)へ向かうことを意味しています。

thS50RXPL4

 

 

 

なぜ柚子湯に入るの?

thOCVX6RQG

柚子(ゆず)=「融通」がきく、冬至=「湯治」

こうした語呂合せから柚子湯に入ると思われていますが、

もともとは運を呼びこむ前に厄払いするための

禊(みそぎ)だと考えられています。

 

 

昔は毎日入浴しませんから一陽来復のために

身を清めるのも道理で、

現代でも新年や大切な儀式に際して

入浴する風習があります。

 

 

冬が旬の柚子は香りも強く、強い香りのもとには

邪気がおこらないという考えもありました。

 

 

端午の節句の菖蒲湯も同様です。

 

 

また、柚子は実るまでに長い年月がかかるので、

長年の苦労が実りますように!

との願いも込められています。

 

 

柚子湯のやり方

th93YVQR2E

柚子湯に入りながら

「一陽来復」と唱えると、

さらにハッピーになれるそうです!

 

 

今年は皆さん、古い風習だから関係ない!

なんてぼやかずにお得になりそうな事

やってみませんか?

 

 

私はやりますよ!

運盛り!

一陽来復!

 

 

今日も最後まで読んで下さり、ありがとうございます!

次回のこう更新は月曜日になります。

 

 

2017年 12月22日(金)
▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
~お住まいの不安や悩み・感動に変えませんか?~
大阪・北摂・神戸のリフォームなら・・・
株式会社リライト
〒561-0832
大阪府豊中市庄内西町4丁目24-16
TEL:06-6333-2224
FAX:06-6333-2225
HP:http://re-lite.info/
ホームページからメールでのお問い合わせは・・・http://re-lite.info/inquiry/
MAIL:relite0831@gmail.com
担当:上野まで、お気軽にお問い合わせ下さい!!
▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

 

 

 


この記事へのコメントを投稿します

ページトップに戻る

各種お問い合わせはこちらから